賃貸と購入のどちらが良いかについて

メリットデメリットはそれぞれありますが、転勤が多いご家庭は賃貸しかないでしょう。今では何度も貼って剥がせる壁紙などが都内ではありますのでいつでも自分の生活スタイルに早変わりします。賃貸にすべきか購入すべきか、これは個々の今後の生活スタイルに大きく影響するものなのでよく考えて結論出した方がいいですが、イメージとして賃貸は気軽に他へ移動できる利点があり購入は立地がよいところを購入すると一生その場所で便利に暮らせるという利点があります。不動産の賃貸と購入については、どちらが良いか、賛否が分かれています。人それそれ色々な考え方がありますので、賃貸と購入について、ほぼ半分に分かれているのか現状です。どちらが良いのか、双方からの意見を聞く限り双方とももっともだと思えます。
 賃貸したほう良いとの考え方は、自然災害時の場合、借主には貸し担保責任は発生せず、借主は責任を負わなくて良い。また、付帯設備が壊れても、貸主に修繕する責任があり、義務がある。この様なことから、借りたほうが得だとの考え方です。
 購入したほうが良いと考え方は、何十年借りていても、自分の物にはならない。一生家賃を支払わらなければならない。だったら、家賃代を購入のためのローンとして考え、返済後は抵当権のない自分の所有物として使用できるとの考え方です。
 賃貸、購入両方の考え方は、とても理解できます。両者とも正論ではないかと思います。でも私は、最近、各地で高齢者の孤独死が問題になっています。そのような中で、高齢になって、家主が貸し続けてくれるのだろうか、疑問に思います。 私は、不動産を購入する考え方に賛成です。

Copyright © All rights reserved.賃貸の不動産情報.